床下が腐けてる臭い(その後)

床下が老けている臭いの続きです。

オゾン発生器にΦ75のダクトを取付、床下のオゾン脱臭をくり返しました。

涼しくなったせいか、だいぶ悪臭も消えてきたので、換気扇を付けることを考えました。

シンク下の空間をそのままダクトのように空気が流れるよう、隙間を塞ぎました。

側面にΦ75の穴を開けました。


ジェリーが出てきそうな大きさです。

ファンコントロールをシンク下の側面に貼り付けました。
OFF・LOW・MID・HIGHの4段階です。

USB電源で回る80cmFANなので、HIGHにしても全くうるさくありません。
来年の梅雨に臭いが発生しないことを期待します。


床下が腐けてる臭い(その後の後)

エアコンの洗浄

寝室のエアコンがカビ臭を放つようになりました。

寝室のエアコンは、住んでから一度も洗浄していなく、それでもきれいな状態でしたが、今年の猛暑でかなり運転していたこともあり、さすがに洗浄が必要になりました。

アルミフィンクリーナー シルバーN PLUS

洗浄剤を10倍に薄め3Lの液体をエアコン洗浄機に入れます。
この洗浄液には水酸化ナトリウムが入っており、苛性ソーダを溶かしたような溶液になります。
それをアルミフィンに拭きかけて、アルミの表面を溶かすわけです。
なので、手に付くとかぶれます。

アルミフィン用中和・仕上げ材 シルバーリンス PLUS

洗浄剤を吹きかけただけですと、アルミフィンが溶けて有毒ガスが発生するので、10分ぐらい放置した後に、中和剤を10倍に薄めた溶液で再度噴霧します。

洗浄機は、スプレーがでればいいので、エアコン用のでなくとも、ガーデン用の噴霧器で代用できると思います。
噴霧自体は簡単なことですが、水が飛び散るので、部屋の養生が一番面倒くさいのです。

3Lの洗浄溶液アルミフィンと、風の吹き出し口のファンの部分に吹きかけます。
同じように、3Lの中和剤溶液を吹きかけます。
プロは最後に吹き出し口のpHを調べているようですが、中和剤のあとに、真水で再度洗浄すれば問題ないと思います。

それほど汚い廃液は出ませんでした。
ファンの部分のカビより、アルミフィンの中にカビが発生していたようです。

これは、店舗での洗浄の様子ですが、業者を毎年呼ぶと経費がかかるので、自分でやることにしています。
昔のエアコンにはファンを外せる物もありましたが、最近の機種は分解しないと外せないようになっているようで、ファンが外せればもっと楽に洗えるのにな~と思っています。

最近は、スプレー缶の洗浄剤が売られているようです。
ファン用はムースになっているので、水が飛び散らずに養生も簡単に済んで楽なのかもしれないですね。

床下が腐けてる臭い

梅雨明け頃から、シンク下の引き出しを開けると、かび臭いにおいが立ち上がるようになりました。
引き出しに、昆布やわかめなど、湿気で腐っているのではないかと念入りに確認しても原因がわからず。

建築当時の画像
建築当時の画像

おそらく、床を構成しているパーティクルボードが、今年の長雨の湿気で腐けたのではないかと…

よくよく調べてみると、水道管が立ち上がっている床下からの臭いだと判明しました。


しかし、床下を剥がすのはとんでもない話しで、カビ取り消臭剤を噴霧しても、缶が入る隙間もなく、どこだかわからない場所まで届くわけでもなく。


何とかならないかと、そこでオゾンを吹き込んでみることにしました。

段ボールで、引き出し部分の大きさの板を作り、オゾン発生器の吸入口が出るように穴を開けました。

電源をつなぎ、タイマーを2時間設定。なんだか家中がオゾン臭になりました。

果たして、これでカビ菌が消えて腐けた臭いが無くなるかです。
成功すれば簡単でお金のかからないベストな方法ではないでしょうか???


床下が腐けてる臭い(その後)