ロイヤルエンフィールドにタコメーター

電気式8000prm表示、Φ48のタコメーターを取り付けてみました。

商品名は EEDM Ø48 – RETRO weiß うっ読めないヽ(´o`;

MMBというドイツのメーター会社の物です。

取付に使ったクランプはデイトナの「アクセサリークロスバー用クランプ」。

取付のステーを、ビバホームで探しましたが「帯に短したすきに長し」良い物が見つかりません。

そこで、昼食帰りにお手洗いも兼ねて立ち寄ったコーナンで良い物を見つけました。

「ステン長穴一文字70」70mmステンレスで、都合良く穴が3個あいています。

EEDM Ø48 – RETRO weiß」のビスは4mmなので問題なく通りますが、デイトナの「アクセサリークロスバー用クランプ」のビスは6mm

ステップドリルで少しこじってやる必要がありました。 >ステンレスは硬いの~(゚o゚;)

無事に、セッティング完了。

そして配線は5色、説明書はドイツ語です(?_?)。

オレンジ:バックライト
レッド:12V(プラス)
ブラック:グラウンド(マイナス)
グリーン:イグニッションパルス
ホワイト:無視

バックライトは、ヘッドライトのカプラーの緑とつなぎました。

つないだと言ってもカプラーの電極に差し込んだだけ。

YouYubeでよく出てくる、インド方式です(^^ゞ

電源は、ライト内の配線からではなく、フロントフレーム、ダウンチューブの内側にあるカプラーからとることにしました。

黒の4極カプラーはキルスイッチと連動しています。

赤は赤と、黒は黒と、つなぎ間違えることはないです。

イグニッションコイルのパルスは白のカプラーの赤白線で、タコメーターの緑をつなぎます。

これも、ケーブルを加工することもなく、ケーブルの被覆を剥がして端子に差し込んだだけです。

白は無視して配線チューブの中でお休み。

ディップスイッチは、1番2番共にoff(1:2)。

では、始動。

・キースイッチON
・キルスイッチONで、針が一度8000prm まで回る。
・ヘッドライトONで、バックライト点灯。

完璧~!と思って走り出すと、あれ~エンジンの警告灯が点いてエンスト。

そしてイグニッションパルスの接続を外すと復帰するのです。Why! (゚o゚;)

一晩悩んで原因がわかりました。

イグニッションのパルスを拾うと、0.05V ほど電圧が持って行かれるのです。

以前調整したEFIの電圧を0.05V 上げることで解決ました。

走行中を録画できるカメラは持っていないのであしからず。

低速回転のRE、タコメーターなんか必要ないと思います、ただのアクセサリーですね。σ(^◇^;)

PR-L5800C ドラムカートリッジ移植

Color MultiWriter 5800C のマゼンダの発色が薄く、ムラが出るようになりました。

以前も、マゼンダのドラムカートリッジに線が入るようになり交換しました。

なぜ、マゼンダだけが調子悪くなるのか?

PR-5800C のドラムカートリッジの予備が、イエロー・シアン・ブラックの用意があったので、マゼンダの代わりにイエローで代用できないか差し込んでみました。

しかし、奥まで入らずこのまままでは使用できません。

よく見ると、各色とも爪の位置が違っており、そのため最後まで押し込めないのでした。

爪を削ろうかとも思いましたが、ビスで留まっているだけなのでお互いを移植してみました。

さて、移植したドラムカートリッジで印刷が出来るものなのか「スイッチON」。

ドラムカートリッジにも、相当トナーが充填されているんですね。

イエローからマゼンダに変わるまで、60枚ぐらい印刷してしまいました。ヽ(´o`;

移植時に、イエローのトナーを抜いておけば良かったのかな?

もし純正のトナーを使っていたら、かなり金額の無駄になります。

結果としては出来ましたけどね。

三和シャッターリモコン RAX−H35

2022年2月2日(ぞろ目の日)

シャッター開閉機 DIYでリモコン の続きで、純正のリモコンを試してみたくなりました。

購入したのは RAX-H35(カーボン)というリモコンです。

【設定】

「SB1014BL用三和シャッター開閉機」の設定ボタンを押す “ピッ”

続いてリモコンの停止ボタンを長押し “ピピピピピー”

最後に停止ボタンを長押 ブザーが止まる

RAX-H35・リモコンの登録方法

[RAX−H35 追加登録]などでググると「1台目のリモコンが既に登録済みである必要がある」とかかれています。

でも新規リモコンでも登録が出来ました。

(開閉機が高所に付いているので安全のためかもしれません。)

これでバイクで実家に行っても、全部上まで開けなくても中には入れるw

全てが完璧すぎる~ WOAH! WOAH!

シャッター開閉機 DIYでリモコン

シャッター開閉機 DIYで交換 の続きでリモコン設置に奮闘しました。

交換前に使用していたのは、株式会社ハアーモニーという会社の40年前の送信機でした。

ボタンが一つ、押す毎に「開く」「閉じる」とスイッチする動作になります。

同様に、40年間使用してきた受信機(RECEVER ZR-1)の箱の裏には、配線図が書いてありました。

この配線図で、停止の配線をS1とS2につないで、どうしてスイッチするのか、趣味の電気工事士の頭では理解できませんでした。ヽ(´o`;

とりあえず、増設したブレーカーからAC100Vをつなぎ、元の色と同じように配線しました。

結線もやり直し、先ずは手押しボタンで作動・・・OK

そして、リモコンのボタンを恐る恐る “ポチッ”

【開】
【閉】

WOAH 満足で~す。 (自己^^;


続きは 三和シャッターリモコン RAX−H35 へ

シャッター開閉機 DIYで交換

40年ほど前に施工された、実家の駐車場シャッターの開閉機が、壊れて止まらなくなりました。

スプリングも切れている様子で、上まで上がっても停止すると重みで落ちてくるのです。

手では持ち上げられない状態で、シニアカーの出し入れも、一人では挟まれそうなのです。

親父の年齢を考えると、今更数十万もかけてシャッターを直す気は無いとのことで、開閉機だけを交換してくれるシャッター業者を探して欲しいと頼まれました。

しかし、この状態で開閉機だけ交換してくれるような業者さんはあるとは思えないのです。

また、メーカーや型番も不明で、互換性のある後継品も探せません。

そこでヤフオクで、出品されている開閉機を見つけました。

「SB1014BL用三和シャッター開閉機」という商品で、商品の詳細情報はどこにもなく、80000円で落札したまではいいもの、届いた商品に全く互換性がありません。

取り外した開閉機とでは、スプロケットの厚さが全く違うのです。

返品も出来ないので断念するわけにも行かず、こうなったらとスプロケットを外して、グラインダーで薄くなるまで削りました。(写真にはないけど本当に大変な作業でした)

実は9割方「私にこのDIYは無理」と思っていたのです。

取り付けにあたっても、元の穴は上の1ヶ所しか使えず、下2ヶ所は厚い鉄板に穴開け作業。

手前は見えているからいいのですが、奥側は開ける穴の位置もわからず、メジャーで測って憶測で開けた次第。(何とか良い位置に開けられたのです)

更にチェーンの張りを調整するアジャスターなどは設備されていません。

おそらく現場加工ではなく、全てキットになって出来上がっている物なんだろうと思います。

↑危ない配線がなされている(゚_゚;)

元の開閉機には「Tele Auto」という受信機がつながっており、リモコンで開閉できました。

しかし、このまま同じように配線しても、上がっていくだけは反応しても、下がる信号は、新しい開閉機には送信できませんでした。

とりあえず、押しボタンの回路図を見て、元の押しボタン配線と接続したところ、ちゃんと巻き上げを行ってくれたのです。

本当に感激しました。(^_^)v

素人ながら工具もたくさん使いました。(趣味で取得した電気工事士はあります)

あとは三和シヤッターの正規のリモコンで、動作するのか調べてみます。

動きそうなら、リモコンの購入です。

では、DIYしたシャッターの作動動画です。

高額なお金を使わずに、シニアカーも車もバイクも出すことが出来て良かった~。

本当に開かずのシャッターになるところでした。

とにかく、自己満足は出来ましたが、シャッターを降ろした状態での作業なので、日中でも暗く、また、施工場所も脚立に乗ってドリル加工、老眼での配線、手持ちのパーツで全て代用。
40年間溜まったホコリに紛れ、マスクをしていても鼻の中は真っ黒、もう二度とやりたくないと思いました。(-_-;)

たった一つの慰めは、親父が私のことを褒めていました。(生まれて初めて褒められたかもしれない)


翌日

上下の押しボタンを押したとき、初期は設定したリミットまで自動で上下するのですが、一度停止ボタンを押すと、自動にならなくなり、電源を落とし再度入れると自動になるという現象が解決しませんでした。

備忘録

コネクタ接続部状態
・電源接続
・押しボタン接続
・光電センサー短絡
・無線信号装置未接続
・外部出力未接続
・エマーゼンスイッチ短絡

開閉機のビスで留まっているカバーを開けると

裏側にはディップスイッチの説明が書かれていました。

ディップスイッチが2個着いており、座板を使用していないので、DWS2の「座板スイッチなし」2-7・2-8をONにしました。

正常に動作、これでとりあえずの目的達成。

次は暇を見て、元のリモコンで動作させられるか、やってみたいと思います。


続きは シャッター開閉機 DIYでリモコン へ