RC SORAMA(ワカバヤシ)展示場

現在、浦和区に移転したRC SORAMA(旧ワカバヤシ)の展示場が出来たと伺ったので見てきました。

社長にはアポが取れなかったので、今回の紹介は外観だけです。

場所は、別所沼の近く。

丘陵なのか、断層なのか、かなり傾斜のきついところに建 っていました。

このあたりの地価は、150ぐらいだそうです。

お屋敷だw

ギリギリにバックして駐めさせてもらいました。
まだ、運転技術は達者のつもりです。
昨年は暇に任せて、大型二種と大型自動二輪も取得しました。

正面から見て左側の隙間ですが、眼下に建物が見えます。

それだけ勾配のある場所に建てられているんです。

地下:1階
地上:2階+屋上

RCだからこそ建てられるんでしょうね。

駐車場の屋根

玄関

ウロウロしている内に、防犯カメラにたくさん写ってしまいました。ヽ(´o`;

今度、宅内も拝見させていただきたいと思います。

6面布団干し

T6AXS-W2Qα

防水塗装できれいになった屋上なので、布団干しも新しい物に変えました。

以前使用していた物は、ステンレスの8面一体型でとても大きく、たくさん干せたのですが、最近は組み立て式の6面しか見あたらず、干せる長さも短い物しか探せませんでした。

足を連結させるパイプも2本しか装備されていないので、風が吹くとパイプがない場所は折りたたまれ、干した物同士が重なってしまうのです。

注水式のウエイトも役に立たず、飛ばされてしまいます。

そこで、発売元にお願いして、パイプを3本追加購入しました。

脚ではなく、3本は腕の部分に取り付けてみました。

ウエイトも水ではなく、砂を満杯に詰めてみました。

連結したパイプにもハンガーが掛けられるようになったので、バスタオルが6箇所に干せるようになりました。

自画自賛です(^_^)(^_^)(^_^)(^_^)( ^ _ ^ )。

お化粧の翌朝

今朝も雨でした。
塗装工事は今日までの予定でしたが、昨日の午後からの気温上昇と強風で塗装面がよく乾いたため、塗装は昨日で全て終わりました。

防水剤もフェースパウダーもよく水をはじいています。

ビフォー・アフター

クラック補修のあともよーく見ないとわからなくなりました。

ビフォー・アフター

つぶれた縦トイも新品です。

もう1箇所のトイの修理は赤の部分。
横トイの勾配が無かったため、何日も前に降った雨水が横トイの中にたまって、漏れが滴となって毎日ポタポタしていたのです。
防水テープでは滴は止められませんでした。

縦トイを6cmほど足してジョイント。
なので横トイが6cm分の勾配が付いたことになります。

ガルバリウム雨といは、硬くて柔軟性が無いので修理が大変です。(;´д`)


全ての工事が完了しました。が、もっと一番大変な作業、支払が残っております。です。(^_^;)

お化粧と雨とい

今日の朝方は雨、天気が回復するまで待機してもらい、晴れ間が出たら立ち上がり部分の塗装が始まりました。

先ずはローラーでプライマーを塗ります。

その後、 お化粧(塗装)は色を変えて3回塗られるとのことです。

フェイスパウダーを塗るように スポンジで パタパタと叩いていきます。
クラックの補修あとも周りの色と同じ色を作り目立たなくなりました。

加藤さんの話ですと、この職人さん、ものつくり大学の講師もされているそうで、超プロフェッショナルなんです。

つぶれた雨とい

1階では、加藤さんと一緒につぶれたガルバリウムの雨といを交換しました。

汗だくになって(嫌がっている)加藤さんに、もう1箇所の修理もお願いしてしまいました。

結局、塗装を手伝うはずだった加藤さんは、私の捕虜になり、一日中雨といの修理をさせられてしまいました。

大変お疲れ様でした。m(_ _)m


太陽の仰角が低いので私の影が進撃の巨人になっております。

屋上の塗装の状態は明日確認してみます。

撥水効果

富士山

今朝、洗濯を干しに行くと空気が澄んでいて、雪化粧のきれいな富士山が見えました。

ガイシの方が良く写っていますが(^^ゞ

トップコート

昨日の雨で、トップコートの雨水がはじけています。

塗りたては意外と水が流れなく、ワックスを塗った車のように水が溜まります。

サンダル履きのくつ下がびしょびしょです。

一週間は物を置かないでと言われたので、8日目にテーブルを置いたら塗装が凹みました。

本当に乾くのは当分先だと思います。