シャッター開閉機 DIYで交換

40年ほど前に施工された、実家の駐車場シャッターが、壊れて止まらなくなりました。

スプリングも切れている様子で、停止すると重みで落ちてくるのです。

手では持ち上げられない状態で、シニアカーの出し入れも、一人では挟まれそうなのです。

親父の年齢を考えると、今更数十万もかけてシャッターを直す気は無いとのことで、開閉機だけを交換してくれるシャッター業者を探して欲しいと頼まれました。

しかし、この状態で開閉機だけ交換してくれるような業者さんはあるとは思えないのです。

また、メーカーや型番も不明で、互換性のある後継品も探せません。

そこでヤフオクで、開閉機を出品されている方を見つけました。

「SB1014BL用三和シャッター開閉機」という商品で、商品の詳細情報はどこにもなく、80000円で落札したまではいいもの、届いた商品に全く互換性がありません。

取り外した開閉機とでは、スプロケットの厚さが全く違うのです。

返品も出来ないので断念するわけにも行かず、こうなったらとスプロケットを外して、グラインダーで薄くなるまで削りました。(写真にはないけど本当に大変な作業でした)

実は9割方「私にこのDIYは無理」と思っていたのです。

取り付けにあたっても、元の穴は上の1ヶ所しか使えず、下2ヶ所は厚い鉄板に穴開け作業。

手前は見えているからいいのですが、奥側は開ける穴の位置もわからず、メジャーで測って憶測で開けた次第。(何とか良い位置に開けられたのです)

元の開閉機には「Tele Auto」というBOXがつながっており、リモコンで開閉できました。

しかし、このまま同じように配線しても、上がっていくだけは反応しても、下がる信号は、新しい開閉機には送信できませんでした。

とりあえず、押しボタンの回路図を見て、元の押しボタン配線と接続したところ、ちゃんと巻き上げを行ってくれたのです。

本当に感激しました。(^_^)v

素人ながら工具もたくさん使いました。

あとは三和シヤッターの正規のリモコンで、動作するのか調べてみます。

動きそうなら、リモコンの購入です。

では、DIYしたシャッターの作動動画です。

高額なお金を使わずに、シニアカーも車もバイクも出すことが出来て良かった~。

本当に開かずのシャッターになるところでした。

とにかく、自己満足は出来ましたが、シャッターを降ろすので日中でも暗く、また、施工場所も脚立に乗って加工・配線、40年間溜まったホコリに触れて行う作業なので、もう二度とやりたくないと思いました。(-_-;)

たった一つの慰めは、親父が私のことを褒めていました。(生まれて初めて褒められたかもしれない)


翌日

上下の押しボタンを押したとき、初期は設定したリミットまで自動で上下するのですが、一度停止ボタンを押すと、自動にならなくなり、電源を落とし再度入れると自動になるという現象が解決しませんでした。

備忘録

コネクタ接続部状態
・電源接続
・押しボタン接続
・光電センサー短絡
・無線信号装置未接続
・外部出力未接続
・エマーゼンスイッチ短絡

開閉機のビスで留まっているカバーを開けると

裏側にはディップスイッチの説明が書かれていました。

ディップスイッチが2個着いており、座板を使用していないので、DWS2の「座板スイッチなし」2-7・2-8をONにしました。

正常に動作、これでとりあえずの目的達成。

次は暇を見て、元のリモコンで動作させられるか、やってみたいと思います。

ローヤルエンフィールド オイル交換(Gulf BLAZE 15W-50)

大寒(おおさぶ~)ですが、あまりにもエンジンが温まる前に止まってしまうので、強風の中オイルを交換しました。

実家から走行中、エンスト。(゚_゚;) プラグかぶりをしたようで、押して自宅まで…500ccは重い。

以前のオイルは、DRIVEN FR 50 5w-50だから良いのかと思って入れてましたが、ローヤルエンフィールドには合わないのかな~?

結局、1,500km走って、交換です。

今回交換してみたのが、Gulf BLAZE 15W-50

・大排気量バイク向けエンジンオイル
・ゴムシールに優しい BLAZE
・旧車や低年式の輸入車に
・過走行エンジンの復活

と書かれています。

2度目の交換なので、ためらわずにオイル抜き。

強風のため、オイルが飛び散ること…なんのって、ビタビタ。

もちろん、オイルフィルターも交換しました。

一度オイルにドブ付けしてから挿入。

適当に2.5Lを目安に入れて、キャップオフ。

とりあえずエンジン始動、アイドリング状態にしてましたが、あれっ、エンスト。

プラグかぶりがおさまってないの?


翌朝

プラグを外してみると、不完全燃焼で真っ黒。

取扱説明書には、BOSCH WR7DDC4 という型番が付いていることになっていますが、
外したプラグは、NGK BPR5ES が付いていました。

純正品(Parts No.572025/A)

あるサイトによると、 BOSCH の熱価 7 が、NGK の 6 と同価となっています。

と言うことは、 BPR5ES では、熱価が1つ高いことになります。

なので、BPR6ES が、 WR7DDC4 と同じ熱価になるのでは…(たいした差はないのかな?)

とりあえずプラグを掃除して元に戻し始動。

「あっ、調子がいい」と思った矢先、実家の手前でエンストです。(両足で漕こいで着きました)

今度は、プラグも変えてみよう(-_-;)

メーターケーブル交換(ロイヤルエンフィールド)

1月4日(火)、動物用医薬品の許可証の更新のために、中央家畜保健衛生所へ向かいました。

その途中「あれっ、スピードメーターが動いていない」

まだ、1,831kmしか走っていないのに、新年早々もうトラブルです。

帰り道は、外環自動車道を走ってきましたが、スピードは全く無法状態となりました。(^^ゞ

帰って来てから、ハブ側のケーブルを外すと…

ケーブルの品番:145980/D

「ケーブルの先がピン折れしてる」

ま~、クラッチケーブルが切れるよりはマシですが…

昨日、代替えのケーブルが届いたので、交換です。

メーター側からケーブルを外し、切れたケーブルを引き抜き、新しいケーブルの挿入です。

上側
下側

ヘッドライトボックスの下にある穴、ハブ側のソケットを通すのにギリギリの穴で、ごちゃごちゃの配線をよけながら通すのにかなり難儀しました。

気温も低いのでケーブルが硬く、思う方向に曲がってくれません。

念のため、交換した方のケーブルにはグリスアップをしましたが、しばらくするとまた切れそうな予感です。


このイラストGOOD!

初めての冬ですが、エンジンが温まるまでアイドリングが落ちて止まってしまいます。

信号待ちでは、空ぶかしをしていないと止まってしまうので、バックファイアーと空ぶかしの連続で暴走族かと振り返られる始末。

はっきり言ってチョイ乗りは無理無理バイクです。(マフラーのせいかもしれない…)

「カッコイイですね~」と良く言われますが、完全に趣味趣味バイクです(^^;)

ジャンゴ125に、プロジェクターLEDヘッドライト

ロイヤルエンフィールドに装着した、プロジェクターLEDが気に入ったので、プジョージャンゴ125にも設置してみようと思いました。

まずは、フロントキャリアを外し

次はフード外し

フードを止めているボルト左右で4ヶ所、下向きなのでこれを外しては、元に戻すのが一番やっかいかも…。

次はカウル外し

フロントカウルの裏側、左右で4ヶ所、サイドのビスは左右で2ヶ所。

フロントカウルを外すと、ヘッドライト下のカバーに2ヶ所のビス。

ステアリングの前側のカウルを外す。

メーター下左右のビスを外し、グリップ側からプラスチックのへらを差し込んで上下を広げてやるとカパッと外れました。

純正のハロゲンバルブを外すと “あれっ、プロジェクターLEDが大きくて入らない(-_-;)”

“残念、元に戻すしかないか” って思っても踏ん切りがつかず…

タケノコドリルで、穴を広げることにしました。

レンズのカラ割をして、表からやりたかったけど、カラ割をすると元に戻せない感じ…

なので裏から広げました。

なんか思い通り、きれいに収まりました。

そして、明るい!!!

もう一つ気になるのが、ウインカーの音が大きすぎること。

カウルを外したついでに音の出るところを探してみると

メーターの下にある、穴から音が出ていることがわかりました。

ピッピピッピ鳴っているのは、配線をつないでいないので、球切れの音です。

手元にあった、貼り付けられる丸形のラバーを付けて改善。

音量が1/10ぐらいに小さくなってます。

郵便配達みたいな音のバイクが、やっとスクーターになった感じです。

Road Cam が 楽天モバイル だとつながらない?

Blueskysea DV988 バイク用 ドライブレコーダー

バックカメラが鏡像になり、後ろがバックミラーのようになるバイク用ドラレコ、wifiでスマホに動画がダウンロードできる機能もあるとのことで購入しました。

しかし、バックカメラとしては機能するのですが、wifiで動画が再生できないのです。

使用するアプリは「Road Cam」

しかし、プレビュー画像は表示されるのですが、再生するとフリーズ。

動画を選択してダウンロードすると、100%のところでフリーズ。

本体では再生できるので、動画が破損しているわけではない。

それで購入先に連絡すると…

フムフム…早速指示通り Moto Cam をインストールしてみました。

しかし、アプリが変わっただけで結果は同じ。

再びサポートへ連絡~

そこで「iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular」に「Rodo Cam」をインストールして試すと “あらっ再生できる”

次男を呼び出し「iPhone」に「Road Cam」をインストールさせると “あらっ再生できる”

次男からは「iPhone 12 mini がアプリに対応してないんじゃない」と言われ、再びサポートへ

添付画像1

添付画像2

もうお手上げ~、本体で再生されるから使用は出来るけど、動画を切り出すのにいちいちSDカードを抜いてPCに入れなければならない。

apple サポートに聞いても???、wifi機能付きのドラレコを購入した意味がなくなりました。

しかしあきらめきれない我が心

導いた答えは「モバイルデータ通信」のオフでした。

次男のスマホでは設定を変更せずにつながっていたので気がつきませんでした。

これは「Rakuten Mobile」を使用しているからなのか、確証は不明ですが、暗中模索の中やっと導いた結果でした。

結果報告としてサポートに連絡。

何度も親切に対応していただきました。

どうもありがとうございます、感謝しております。

そこでダウンロードできた動画

HPにアップロードするため、長さをカットしましたが、1分毎に録画されるように設定してあります。

後から走った場所を見るのも楽しいものです。