PR-L5800C ドラムカートリッジ移植

Color MultiWriter 5800C のマゼンダの発色が薄く、ムラが出るようになりました。

以前も、マゼンダのドラムカートリッジに線が入るようになり交換しました。

なぜ、マゼンダだけが調子悪くなるのか?

PR-5800C のドラムカートリッジの予備が、イエロー・シアン・ブラックの用意があったので、マゼンダの代わりにイエローで代用できないか差し込んでみました。

しかし、奥まで入らずこのまままでは使用できません。

よく見ると、各色とも爪の位置が違っており、そのため最後まで押し込めないのでした。

爪を削ろうかとも思いましたが、ビスで留まっているだけなのでお互いを移植してみました。

さて、移植したドラムカートリッジで印刷が出来るものなのか「スイッチON」。

ドラムカートリッジにも、相当トナーが充填されているんですね。

イエローからマゼンダに変わるまで、60枚ぐらい印刷してしまいました。ヽ(´o`;

移植時に、イエローのトナーを抜いておけば良かったのかな?

もし純正のトナーを使っていたら、かなり金額の無駄になります。

結果としては出来ましたけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA