ロイヤルエンフィールドにイリジウム

先に書いたエンストトラブルの解消のために、プラグをイリジウムに変えてみることにしました。

NGKの適応品番ですと、BR8EIX となっています。

しかし、ヒッチコックモーターサイクルでは、 BPR6EIX を推奨しています。

トラブルを起こしていた、BPR5ES より 熱価が高くなります。【低焼高冷

なので「NGK BPR6EIX イリジウムIXプラグ 分離形」を購入してみました。

エンジンをかけ、2分ほどアイドリング。

恐る恐るスロットを回し、2速、3速とシフトアップ。

「Oh~、エンストしない、かぶらない、アフターファイヤーも起こらないー( ^o^)ノ

エンストの原因はオイルではなくプラグの影響だったようです。

今後、出先でエンストなんてことになっても帰ってこられるように、ヒューズボックスに予備プラグを入れておくことにします。

工具セットの中にも、プラグレンチが入っているかを確かめました。

予備のクラッチケーブルも用心のため積んであるし、クラシック(ローヤルエンフィールド)バイクはドキドキ物です。(゜_゜;)

しかし、タイヤレバーなんかも入っていて、パンクしたら自分で直せってことですかね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA