タッチスイッチ DAW70→DAW71

自動ドアが押しても開かなくなりました。

“どこかが壊れた”

自動ドアのモーター部を開けて配線を見ても断線している様子はなく…

お手上げで、中日ドアーさんに電話を入れてみました。

「電池が切れていて、液漏れしていませんか?」

開けてみると確かに( ̄。 ̄;)。

今までリモコンで反応しているなんて知らなかったのです。

液漏れをきれいに掃除して、単3電池を入れた途端、開きました~。

そうしたら、今度は閉まらないのです。でも、電池を抜くと閉まるのです。

また中日ドアーさんに電話を入れると「基板が壊れていますね」ですって。

早速、新しい物ををすぐ送ってもらうことにしました。

(タッチスイッチ 竹中エンジニアリング製DAWシリーズ)

新しいのも(右)はDAW71という型番でした。

子機からの配線はビス止めから、差し込み式に変更されています。

ディップスイッチをDAW70と同じ位置にします。

無事、修理が終わりました。

悩んだ時間の1/50分ぐらいで…

今回のパーツ代は15400円(親機のみ)、キャンペーンで送料無料中とのことです。

以前、子機(外側)のパネルが色あせしたので、設置会社の日本自動ドアに連絡したことがあります。

「パネルだけの販売はしておりません、点検も含めた値段になります」と言われました。

パネル代と点検で3万円弱のようなことを…、え~パネルが欲しいだけなのに。

ちょっと、弱みにつけ込んでいない?

その時、中日ドアーさんを探し当て、パネルだけを数千円で送ってもらったことがあります。

中日ドアーさんがあれば、自動ドアは全て自分で直せちゃう気がします。

一応、電気工事士です…なんちゃってがつくかもしれませんが…(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。