Greco SG-400T ⑫

まだ、ギターを改造して遊んでました。

と言うのは、フロントとリアのピックアップの出力に差があるのです。
フロント「2」 リア「8」で同じぐらいの音量なんです。

そこで、ペーパーナイフを当ててみると、リアのくっつき(磁力)がかなり弱い。

マグネットを強い物に交換すればいいのかな?

と、知識の無い単純な考えで、アルニコ5と言うマグネットを買おうと…

しかし、マグネットを買うより、アルニコ5が入っているピックアップを買った方が安い。

変なの…

それで、買った方のピックアップからマグネットをとりだし、Grecoのピックアップを分解してみると…

“あれっ、スペーサーが木 ”

昔のピックアップって木が使われてるんです。

それでもって、用意したマグネットと比べると、アルニコ5の方が厚い。

元のマグネットはどういう代物なんだろう?

と、もう後戻りする気も無く…

当然厚くなった分、スペサーも厚くしないと収まりが付かない。

片側は元の木を縦にし、もう片側は、アルニコ5を抜き取った方から移植。

木とプラが混在しましたが、やすりがピタッとくっ付き、磁力は強くなりました。

当然、厚くなった分、高さ調整のビスがギリギリ外れないぐらいです。

ハンダ付けもツライチのようになりました。

何でもいいけど音出るのかな?

結果として、
フロント「2」と同じ出力が
リア「8」→「6」と強くなりました。

何だか、たいした結果は得られませんでしたが、ピックアップも改造したという自己満足は得られました。

よい子のみなさまは、大切な楽器を壊すおそれがあるので、絶対にマネをしないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。