Greco SG-400T ⑧

ここ数日、塗装してました。

しかし、うまく行かないのです。

下地・ニス・アクリル塗装のつもりでしたが、ダマになったりひび割れになったり。

ブドウ棚につり下げては、スプレー。

乾いた頃にまたスプレー 。

失敗したので塗装の剥離。

くり返して行く内に艶塗装は私には無理なのでやめました。

その代わりにサイドポジションマークを見つけたので、埋め込むことにしました。

1.5mmの穴を深さ6mmほど開け、接着剤と共に埋め込みです。

なんだかんだ言って、意外と簡単でした。

塗装の方が数十倍難しいのです。

汚いまんまですが、最近はカスタムショップで汚く見せるギターも売られているのでこれでいいかな。

次はピックアップとポットの配線に移ります。

果たしてこのギターはちゃんと弾けるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。