さかい鉄板

昨年、道の駅さかいで見つけた鉄板焼き「さかい鉄板」に行ってきました。

ネットで検索しても情報が少ないのでブログにしてみました。

道の駅その横に建っているのが、隈研吾さんの設計した「茶蔵」です。

その2階に、さかい鉄板があります。

営業時間はPM5:00~

完全予約制のようです。

☎ 0280-87-5011(道の駅に電話予約です)

部屋は個室一部屋だけで、8人まで座れます。

 部屋には紫の光がカーテンからあふれ、妖しげな雰囲気が漂います。

鉄板焼きの風景

その妖しい光に目を向け、カーテンを開けてもらうと、なんと、中はさしま茶を栽培しているLEDの光でした。

養液とLEDの光でお茶を人工栽培しているのです。

今回は6人で行きました。

【 予約の内容 】

・幻の梅山豚コース:3名

・常陸牛フィレコース:3名

シェアします。

飲み物はメニューから

【ドリンク】

ここでしか飲めないらしいので

ゴールデンエールという生ビールを注文しました。

クセのないすっきりとした口当たりです。

【季節の盛り合わせ】

奥が北海道産のホタテ

手前が大洗産のヤリイカでブルーチーズソースがかかっています。

常陸牛のしゃぶしゃぶ

和風ダシのポン酢 かな

【梅山豚のプロシュート】

燻製にしていない、塩漬け熟成生ハムです。

【本日のスープ】

これはスープなのか曖昧ですみません。

フォアグラが茶碗蒸しのようになっていて、トリュフのスライスがのっています。

【季節の魚料理】

金目鯛です。

アサリもいました。

【メインディッシュ】

梅山豚のロース

常陸牛のヒレ

梅山豚 がお皿にのって、野菜もお皿にのって

食べ終えた頃、フィレ肉がのせられました。

さらにメニューにはない、赤ワインを注文していたので、この辺からただの酔っ払いです。

【お食事】

・筑波地鶏玉子とじ
または
・ガーリックライス

ヘロヘロになってきたので、ガーリックライスを写すことも食すことも忘れています。

【本日のデザート】

さしま茶サロンで、スイーツを作っているお姉さんが運んできてくれ、説明を受けました。

えーっと…

【コーヒーまたはハーブティー】

コーヒーを頼んだ記憶は確かにあります。

まる2時間飲み続けました。

・生ビール2杯
・雨ワイン2種類
しめの
・さしま茶ペールエール

シェフは境に来るまで、サンフランシスコのレストランにいたそうです。

こちらの料理・ワイン。
そして、さしまキッチンのプロデュースもされてます。

今年は「ウルフギャング・ステーキハウス」とのコラボもされるそうです。

実は、もんじゃ焼きが大好きだとか…
(故郷の足利のもんじゃ焼きは、だし無し、卵入りだそうです。)
今度メニューに入れてください。

お見送りまでしていただきました。
どうもありがとうございます。ごちそうさまでした。

Greco SG-400T ⑪

⑪まで書く予定はなかったのですが…

ピックアップが裸でグラグラしてたので、ピックアップカバーを安価で見つけました。

2個で494円。

深圳から送料込みです。

中国の郵便料金ってどうなってるんだろうと思います。

ニッケルなので、ハンダがなかなか付きません。

ハンダにも電子基板用と金属接合用とでは「すず/鉛」の比が違うようですが、そんなの持ってませんから…

ポールピースも適当に合わせます。

安物パーツを集めてるで、何も怖くありません。

ネック側は古いので傷だらけ。

ブリッチ側は光ってますね。

裸のハムバッカーよりぐらつきは減りました。

格安パーツを集めましたが、汗もかいた分、愛着も湧いてきました。

紅白歌合戦でKISSのポールがギターを破壊してましたが、このギターを叩きつけても折れそうにありません。

ポールのギターは、きっと折れる場所を作ってるんでしょうね。

私は、破壊されたギターより床が凹んでないか気になりましたけど…

Greco SG-400T ⑩

ペグも安物ですが、オールド風に新調。

以前空いていた穴はパテ埋めしたので、新しい穴を開けてセッティンGoo!

ナットとサドルの高さを調整して、オクターブの音合わせ。

普段はオクターブ調整なんかやったこと無いのに真剣です。

できた~、年内に終わった~、そしてちゃんと音が鳴りました。

ピックアップ交換まではやめときます、疲れました。

構想から約1ヶ月 “ちゃんとしたの買った方が安くない? ”  って感じです。

良い勉強になりました。 ジャカジャ~ン♪

Greco SG-400T ⑨

この際、古いスイッチ類を使用しても、ガリ音が出ても意味が無いので、レスポールタイプの新しいサーキットセットを購入しました。

何とか見よう見まねで配線出来ました。

第二種電気工事士の資格を持っている割には、汚い配線です。(>_<。)

アームの取付部分にはゴムパッキンを噛ましました。

弦アースは、ゴムパッキンがすっぽりはまるワッシャーに繋いでみました。

ボリュームとトーンノブもオールドタイプを選び、ビグスビーのスプリングとワッシャーも新調します。

ここまでやって、音が出なかったら笑いもんですね。

Greco SG-400T ⑧

ここ数日、塗装してました。

しかし、うまく行かないのです。

下地・ニス・アクリル塗装のつもりでしたが、ダマになったりひび割れになったり。

ブドウ棚につり下げては、スプレー。

乾いた頃にまたスプレー 。

失敗したので塗装の剥離。

くり返して行く内に艶塗装は私には無理なのでやめました。

その代わりにサイドポジションマークを見つけたので、埋め込むことにしました。

1.5mmの穴を深さ6mmほど開け、接着剤と共に埋め込みです。

なんだかんだ言って、意外と簡単でした。

塗装の方が数十倍難しいのです。

汚いまんまですが、最近はカスタムショップで汚く見せるギターも売られているのでこれでいいかな。

次はピックアップとポットの配線に移ります。

果たしてこのギターはちゃんと弾けるのでしょうか?