RC-Zへの

構造計算

 それからは、
  ●躯体に関わる、玄関・ベランダ・階段の位置
  ●内部に関わる、台所・風呂・脱衣所・手洗い・収納の配置
  ●動線を含めた部屋の配置
8月いっぱいまで数回の打合せをしました。

 O氏の話では、
  ●【アスカホーム】に営業所をかまえる【永友守人建築設計事務所
  ●RC-Zの構造計算をする札幌の【デザインセンター
  ●確認申請を受け付ける【お役所】  との
 「三つ巴で作成していますから」と言うことでした。
 “三つ巴ですか、頼もしいwa”

 暑さも一段落の9月となり、構造計算を【デザインセンター】に依頼する運びとなりました。

 「構造計算に二ヶ月弱、確認申請に一ヶ月、うまくいけば年内に着工とできるかも」なんて聞かされて…ムフフフ
早く、穏便に寝られる場所が欲しい!”
 しかし、待つ身のつらさ。いつかいつかの思いに【トステムショールーム東京】に何度か足を運んじゃいました。足を運んでも仕様は既に決まってるのにね(^^ゞ
 【トステムショールーム東京】には、壁材・床材・扉他たくさん陳列されていますが、一番感動したのが1Fにあるレストラン【すえひろ】のハンバーグランチ。(*^_^*)けっこうオススメ

 で、待てど暮らせど、構造計算が出来上がる知らせがこない。たま〜にO氏に問い合わせをしてみるものの

 「一生懸命やってますから…」
“……(-_-)……”
 そして11月も半ば
 「(^o^ 9"--- モシモ〜シ、出来上がりましたよ〜」
 “これで、確認申請の手続きができるのか”と思ったら、今度は地盤改良の計算がいるんだって…まだまだ長いのね(-_-;)
 12月も末になり
 「(^o^ 9"--- モシモ〜シ、地盤の計算出来上がりました」
 「これでお役所に出すんですね」
 「今役所に行っても、邪険にされるから、来年早々に手配しま〜す」
“ン〜、マイホームは忍耐だ”
 と言うわけで、年明け早々に提出をしてもらったわけですが、これは〔受付〕というだけで、〔受理〕の前段階なのでした。いつ〔受理〕になるのかはお役所次第。あとはひたすら待つだけです。
 話によると、【姉歯(あねは)建築設計事務所による構造計算書の偽造】が起こる以前は、事は簡単に進んだそうですが、事件後からはやたら手続きが大変だそうで、一年前などは〔受付〕から〔受理〕まで半年もかかっていたそうです。これも建設業界を不況に悩ませた一つの理由だそうです。
 建てる準備や人員があってもなかなか活動できないんですね。まー“施主を偽造から守ってくれるための法律”と言われればそれはありがたいことなんですけど。
しかし、今後起こる出来事にはもっと大切な法律が必要だと思うのです
 そんな状況から、梨の礫(つぶて)と時間とともに、猿どもがW受験(大学・高校)を準備する春を迎えることとなったのです。
“おまえたちは、このままみかん箱で勉強するほうが身分相応だ…(^^;)”

RC-Iへ     RC-Kへ

First Up Date 2009.04.09
Last Up Date 2010.08.23
完成予定図
人目です!

あらすじ


こんな顔してます^^

管理者:Hideki
“RC-Zへの道”管理者のメルアド

* 補足 *
RC-Zへの道【ブログ編】

ワカバヤシ

お世話になった【ワカバヤシ】さん
ワカバヤシ社長に直接質問できるメルアド

◆社長に直接つながります◆


1階は店舗

西洋医学のデータを生薬で治療する店
タイセー漢方

コラーゲンに着目した化粧品
リサージ

生体リズムを考えた化粧品
トワニー

敏感肌にフランスの温泉水化粧品
ユリアージ